TORU SUZUKI

16年ぶりにParisへ

11日からは、パリGPのためにドイツからパリへ移動。

試合会場は、今月末のダイヤモンドリーグの会場となっている 『 Stade de Charlety 』でした。
週末ということもあり、たくさんの子供たちが会場に足を運んでくれ、アウェーであるボクの手拍子にも快く応えてくれました。
会場の外では、いろいろな体験コーナーがあったり、日本チームをはじめフランス以外の国の選手も多数、参加したりしていたので、日本でもこのような大会ができれば最高だな〜と思いました。


メインスタジアムである『 Stade de Charlety 』

大会までに少し時間があったので、観光にも行ってきました。
フランスといえば、まずはココ。「エッフェル塔」です!!タクシーで降りた場所が近すぎて撮影者に膝を汚すくらいしゃがんで撮ってもらう形になりましたが、天気も良かったので綺麗に撮影できました。
その後は、凱旋門やルーブル美術館、コンコルド広場、セーヌ川など時間がないので近くを通り過ぎるだけとなりましたが、正直、観光地がたくさんありすぎて回りきれません。。。



エッフェル塔の前で



やはり本場のルイ・ヴィトンはさらにオシャレでした。



グルメで特に美味しかったのは、この2皿。『ムール貝の白ワイン蒸し』と『サーモンのタルタル」。です。
バケツには、たくさんのムール貝が入っていましたので、2人でシェアをして食べましたが、後ろにいたおじいちゃんが一人で平らげているのを見ると、食の細さを痛感するばかりでした。。。
小さめな貝でも味は濃く、バケツの底にあったスープは、パスタソースとしてお持ち帰りしたいくらい良いダシが出ていて美味しかったです。
サーモンのタルタルは、オリーブオイルと様々なハーブで味付けしてあり、シンプルな味でとても美味しかったですし、一緒についていたフランスパンに乗せたらなおGoodでした。どちらの料理も大好物のフライドポテトがセットになっていたので、最高の気分でした!!


『Moule Marinière』(ムール・マニエール)


『Tartare de Samon』(タルタル・デ・サーモン)

今回の遠征で個人的に一番気になったのは、このオレンジジュースの生搾り機。ホテルにも近くのスーパーにもありましたが、生のオレンジをそのままジュースにしてくれる機械なのです。生搾りなのでかなり美味しく、普段、朝ごはんはコーヒーしか飲まないボクでも毎日のように生オレンジジュースを飲んでました。


オレンジジュースの生搾り機


スポンサーサイト

ドイツで「High」ではなく「Long」へ

6月5日より、ドイツ、フランスと「ヨーロッパ遠征」に行ってきました。

ドイツでは、『レバークーゼン』を拠点にトレーニングをし、週末の「TSV Bayer 04 Leverkusen Invitational Meeting」に出場しました。100mと走り幅跳びにエントリーをしましたが、時間が重なったため100mはキャンセルをし、初試合となる「走り幅跳び」へ。終始、助走が合わず、「4m85」と目標の5m00には届きませんでしたが、踏切板の30cm手前からの踏切っていることを考えると今後が楽しみになってきました。


レバークーゼンの室内競技場


クラブの専用車 トランクにはリオパラのリレーメダリストの写真が

この施設は、走り幅跳びで8m40の世界記録を持つマルカス・レーム選手(写真左)をはじめ、多くのメダリストを輩出している「TSV Bayer 04 Leverkusen」という最強のクラブチームの本拠地であり、今回は、マルカス選手をはじめとする所属選手のトレーニングを見ることもできたので、本当に良い機会となりました。

フラッグツアー in 高松

PIMG_4422_s 2

香川県の高松市で行われた東京2020オリンピック・パラリンピックの「フラッグツアー」にゲスト出演させて頂きました。
オリンピアンの山口衛里さんやパラリンピアンの長尾さんらと共に『丸亀町商店街』をパレード。その後は、トークショーやデモンストレーション、義足体験なども行いました。
メイン通りということもあり、たくさんの方々に見て頂くことができました。

PDSC_7946_s

9月初旬には『レグザムフィールド』にて日本代表合宿、そして、日本パラ選手権が開催されますので、さらにパラ陸上を盛り上げられるように頑張ります!!

Team OSSUR からの卒業



この度、2009年より、義足やパーツ等のサポートをして頂いた『OSSUR』社(アイスランド)との契約を解除して頂きました。本来なら、2020年の東京大会に向けて引き続きサポートして頂ける予定でしたが、パラリンピックを初めて自国で迎えるにあたり、「日本人として何かできることはないのか?」と、考えるようになりました。そして今回、メーカーに縛られることなく、自由に活動ができるよう本社や日本人のスタッフの方々に多大なるご理解を頂き、このような運びとなりました。

『 Team OSSUR 』には、オリンピックや世界陸上に出場した「オスカー•ピストリウス選手」が過去に所属していたり、現在は、走り幅跳びで8m40という驚異的な記録を叩き出した「マルカス•レーム選手」をはじめとする海外のトップ選手が多く所属したりしています。ボクも2009年からアジア人として初めて最強チームの一員として活動をさせて頂いていました。

最近では、「今仙技術研究所」とスポーツメーカーの「ミズノ」社とのコラボ義足や元400mハードラーの為末さんが携わられている「Xiborg」(サイボーク)社のブレード義足も急激に成長を遂げており、2016年のリオパラリンピックでは、海外デビューを果たしています。今回は『脱退』ではなく、『卒業』という形で快く送り出して頂きましたので、今後も変わらずオズール社の義足を高跳びに用いながら、「メイド•イン•ジャパン」の義足の知名度アップや普及に少しでも貢献できるよう頑張って行きたいと思います!!

すでに、『リクシル』社と『サイボーグ』社がコラボされたスポーツ義足体験会である「ユニバーサル•ラン」にて、子供たちに義足のことや実際に体験用義足をつけて歩いてもらう活動を一緒にさせて頂いていますので、東京大会までにこういった機会を増やし、一人でも多くの子供たちに義足を体験してもらえるようにして行きます。

今後は高跳びの記録だけでなく、義足の変化にもご注目ください!!


▪︎今仙技術研究所 公式サイト

▪︎Xiborg 公式サイト

▪︎LIXIL 「ユニバーサル•ラン」公式サイト

▪︎Team OSSURのメンバーはこちら

スポンサー契約のお知らせ

この度、自動車技術を専門とする開発請負の会社である『 ATEX 』社とスポンサー契約をさせて頂くことになりました。

ロゴ見本 2
今シーズンは、「ATEX」のロゴと共にさらに飛躍できるように頑張ります!!

※ATEX株式会社のHPはこちら

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。