T O R U S U Z U K I

< PROFILE >

氏  名  鈴木 徹(すずき とおる)

職  業  陸上選手

所  属  SMBC日興証券(株)

記  録  走り高跳び 2m02
           (=日本記録、アジア記録)

障  害  下腿切断(T/F44クラス)

形  態  179cm/63kg

出  身  山梨県(岩手小-山梨北中-駿台甲府高-筑波大)

指  導  福間 博樹 先生

スポンサー プーマジャパン株式会社
      オズール

役  職  山梨市観光大使
      関東身体障害者陸上競技協会 理事


 中学、高校時代とハンドボール部に所属し、駿台甲府高校在学中に山梨県代表選手として国体で3位入賞。その後、筑波大学体育専門学群に推薦入学が決まるが、卒業直前に自らが運転していた車で交通事故を起こし、右足膝下11センチを残して切断。
 大学を1年間休学し、義足のリハビリのため東京身体障害者福祉センターに入所。義肢装具士の臼井氏との出会いやリハビリがきっかけとなり、走り高跳びを始める。陸上競技を開始してから3ヶ月で、シドニーパラリンピックの大会参加基準である1m73cmを越え、日本人初の走り高跳び選手として出場を果たし、シドニー、アテネ、北京、ロンドンパラリンピックに出場し、4大会連続入賞。
 2005年のパラリンピックW杯、オープンヨーロッパ選手権では銀メダルを獲得。 2006年のジャパンパラリンピックでは、2m00をクリアし義足選手としては世界で2人目となる2mジャンパーとなった。2007年のIWAS世界大会では金メダルを獲得。2015年には、9年ぶりに自己新記録の2m01をクリアし、2016年のIPCグランプリ(ブラジル大会)では、自己記録を1cm更新する2m02をクリアし金メダルを獲得。日本新ならびにアジア新記録を樹立した。2017年の世界パラ選手権では銅メダルを獲得し、個人としては初めての世界戦でのメダル獲得となった。また、これまでの体験談を基に講演活動も行っている。





該当の記事は見つかりませんでした。