T O R U S U Z U K I

2つの講演と練習会

10月31日(月)

先週は2つの講演会と練習会がありました。

まずは小田原にある「西湘高校」。
手帳には、『実演あり』と書いてあったので、準備をして学校に向かったのですが、実演の話は一切なし。たぶんですが、マネージャーがケガのことを先方に伝えてくれ、それでなくなったのだと思います。なので、いつものうっかりミスで話だけとなりました。。。
ですが、進学校で優秀な生徒ばかりでしたので、最後までしっかりした態度で聞いてくれた

うっかりはまだ続きます。今週は講演が1つだけと思っていたら、なんと連日で翌日も講演だったのです。スケジュールは空いていたので、なんとかなりましたが、マネージャーから連絡が来てなかったらとんでもないことになていました(汗)。
新宿にある「大久保小学校」で保護者のみを対象とした講演会でした。平日にもかからず多くの方が来てくれまして、講演後も校長室で色々とお話をさせていただきました。
帰りには小田原名物のお土産まで頂き、至れり尽くせりでした!!

週末は、数ヶ月ぶりにヘルスエンジェルスの練習会に参加。かなり久しぶりの参加だったので、、、人の多さにびっくり。10年くらい前はスタッフ(臼井さんだけですが)併せて数名しかいませんでしたが、この日は40名近くいたのではないでしょうか。毎月、やっているのですが、ここ最近はいつもこれくらい人が集まるみたいです。正直、こんなに切断者が集まるクラブは海外にもないかもしれません。いつもながら代表の臼井さんには本当に頭が下がります。

練習はというとフリーではなく、アップ担当やメイン担当など専門スタッフが順をおって進めていくので、初心者の方でも自然と混じれちゃうんです。ウチの長男(4歳)も連れて行ったのは初めてでしたが、ちゃっかり練習に参加し、最後までやりきっていましたからね。。。
まさか、最後までついてくるとは思ってもいなかったので、ホントに驚きました!!帰り際、「楽しかったからまた行こうね」ですって。

こうやって、子どもは親の背中を見て育っていくんだな~って感じました。
この日は息子に北京パラリンピック以来、高跳びを披露しましたので、後に続いてくれると嬉しい限りです。
ちなみに次男(1歳)はボクのジャンプには全く興味がなく、隙さえあればマットで楽しそうに遊んでいましたからね。。。将来は体操選手かな!?

ヘルスエンジェルスのみなさん、お疲れ様でした。
また息子の面倒を見ていただきありがとうございました。
毎月とは行きませんが、行く頻度を増やせるように頑張ります!!






競技場で初ジャンプ!!



10月20日(木)

やっとこの日がきました。
競技場で9ヵ月ぶりの跳躍練習です!!

1月にニュージーランドで行われた世界選手権で膝のケガを悪化させ、惨敗した時に決めたんです。「完治するまでは跳ばない」と。2ヵ月間、安静にしていても回復しない一方で、治療法を色々と探し続けました。

そして、なんとなく陸上雑誌を見ていたとき為末選手(400mハードル)の記事に目が止まりました。「PRP治療でケガが劇的に回復した」と。さっそく実績のある「さかえクリニック」に連絡しました。

数日後、院長の末武先生からこんなメールがきました。「喜んでお引き受けします。ボクも以前より、障害者のアスリートを支援したいと思ってました」と。まさにシンクロ二シティー(偶然の一致)でした。

それから「さかえクリニック」や「トップアスリート株式会社」の全面バックアップのもと、三度の治療をしていただきました。

そして迎えた今日の跳躍練習。
2008年以降、膝の痛みなしに跳んだ覚えがほとんどなかったので、一瞬よぎりました。「また痛みが出るんじゃないか」と。

でも1本、また1本とジャンプしても全く膝が痛くないんです。嬉しくなって時間を忘れてひたすらバーに向かっていました(苦笑)。

結局、20本近く跳びましたが、1m60までバーを上げました。写真でも分かるように高跳びようではなく、マットは棒高跳び用の1部分で小さいので無理はせず気持ちがいいところで止めておきました。

いや~やっぱり踏み切った時の気持ち良さは最高でしたね↑↑改めで高跳びが好きって気持ちが確認できた感じがします。

ここ半年は「もう跳べないかもしれない」と思い、諦めかけていた時期もあったのでホントにこの日を迎えられて幸せです。

末武先生をはじめとする関係者の皆さん、本当にありがとうございました。まずはロンドンの切符を取れるように頑張ります!!



穂坂小学校で“ユメセン”

10月18日(火)

先週の金曜に韮崎市にある「穂坂小学校」に行ってきました。

穂坂小での講演はいつもの全校生徒対象ではなく、日本サッカー協会が主催する『JFAこころのプロジェクト』で、夢先生が1クラスを担当して、一緒に子どもたちと体育館でゲームをしてから、教室で夢についての授業をするものです。
ちなみに、タイトルの“ユメセン”は、「夢先生」のことです。

「夢先生」は今回で2度目になりますが、数年前にやった以来でしたので、復習をして臨みました。
最初に行われた子どもたちとのゲームは、スタッフの井手口さんが指揮をとってくれのですが・・・とても楽しかったです!!
工夫された「じゃんけんゲーム」や「だるまさんが転んだ」をしたのですが、童心に戻ってハッスルしちゃってましたからね。おそらく、誰よりも汗をかいていました・・・(汗)。

実は、ゲームの前に特別にジャンプのデモンストレーションをしました。
高跳びは仕事の一部なのでなんてことはないのですが、正直なところ、1月の世界選手権からずっと膝の痛みに悩まされていたので、9ヶ月くらい全く跳べていなかったのです。
どうなることやらと思っていましたが、その不安は一気に吹き飛びました。まったく痛みがなかったのです!!
高跳びをして痛みを感じなかったのはいつぶりかなって振り返っていましたが、同時に「PRP療法」の凄さに脱帽でした。
治療をして頂いた末武先生をはじめ、さかえクリニックのの方々には感謝感謝です。

話がだいぶ横にそれてしまいましたが、ゲーム後の夢を語る授業では講演慣れ!?しているせいかかなり時間に気をつかったせいか、時間だけ!?はきっちりできました。内容がどうだったかは今後、子どもたちからメッセージが届きますので、そこで確認したいと思います(苦笑)。

JFAの上田さん、井手口さん、ありがとうございました。
次は気仙沼ですかね!?またご一緒できる日を楽しみにしています。

第1回 東海ビーチハンドボールフェスタ 

9月12日(水)

先週の日曜にビーチハンドの大会に行ってきました。
場所は、愛知県知多市にある新舞子マリンパーク・ブルーサンビーチ。

秋とはいえども日中はかなり暑かったです。。。
主務のナダヤマくんは、さらに黒人化してました(笑)。

夏の富浦(千葉)大会は、2年生主体でしたが、今回は秋のリーグ戦で試合に出る機会の少なかった選手を中心にメンバーを組みました。 

夜中に出発して、朝からゲームという強行スケジュールにも関わらず、Aチームは準優勝。メンバー的には最下位も予想されたBチームも最後の最後で勝利を収めブービー賞という結果だったので、生徒たちは最後までよく頑張ってくれました!!

ただ、1年生の中には信頼できるドライバーがいなかったので、ボクはずーっとドライバー役(悪く言えば「アッシー」)。熱唱したと思えば、すぐに爆睡に入っていった生徒を横目にひたすら運転をしてました(汗)。帰宅した時間も朝の4時過ぎだったので、おかげさまでここ数日は時差ボケのような感じです。


試合結果はこちら



          <試合風景>


          <みんなで浜ダッシュ>



          <最後は記念撮影>

新シューズ


(アクセラレート6 アバロモデル)

10月6日(木)

新シューズといっても陸上のスパイクではなく、ハンドボールのシューズです。。。
これはフランス代表のLuc・Abalo選手が今年履いているものと同じもので、大学の内藤コーチから教えてもらって一目惚れしちゃいました。
プーマ製なのですが、残念ながら日本では作っていないので、自らで購入。

ハンドボール以外の方には馴染みがないと思いますが、とにかくとんでもない選手です。
まずはこちらをご覧ください。

利き腕の違いこそありますが、ボクと同じサイドプレーヤー(高校時代ですが・・・)で、跳躍力はもちろんのこと型にはまらないプレーは度肝を抜かれます。まるでハンドボールの試合にNBAの選手が混じっているみたいな感じです。特に、スピンシュートはありえないくらい曲がりますので、圧巻です!!
ボクも足があったらこれくらいできたかなってイメージしてみましたが・・・できませんでした(汗)。

フランス代表は今年の世界選手権で優勝していますので、来年のロンドンオリンピックでは間違いなく優勝候補になります。なので、ぜひアバロ選手を覚えておいて下さいね。日本もアジア予選突破して本戦に行って欲しいな~。

あっ忘れていました・・・ボクの今後の活躍!?にも注目です!!(苦笑)。




該当の記事は見つかりませんでした。