T O R U S U Z U K I

韓国遠征


korea忠南大学の選手たちと


2月28日(木)

1月は風邪で病み、その後は風邪ぜんそくでマスク生活を余儀なくされていました。
体調が思わしくない日が続いていましたが、2月に入って徐々に回復していき、いよいよ19日からは、ハンドボール部の初の海外遠征。自分の試合では毎年のように海外に行っていますが、さすがにハンドボールで選手を多数連れて行くとなると空港へ行く気持ちがいつも違っていました。「パスポート忘れがないように」と何度もバスの中で願っていましたね。パスポート忘れを含め、遅刻する選手もおらず気持ちよく出国。
陸上の試合だと到着してバスが来ていないパターンも何度か経験しましたが、すでに到着しており、すぐにホテルへ移動できました。ホテルは、日本でも馴染みのある「東横イン」。日本語も普通に通じるので、何不自由なく、日常生活は快適でした。
問題の食事は味は美味しかったですが、漬け物感覚でキムチが出てくるし、基本、どの料理を食べても辛かったので、毎日のようにお腹を下していました。。。これならいっそのこと毎日、焼き肉を食べていた方が良かったかも!?

korea2韓国と言えばコレ!!韓国は牛よりも豚でした。


今回、お世話になったのは大田市にある「忠南(チュンナム)大学」と「大成(テソン)高校」。どちらも上位校で、序盤は苦戦しましたが、慣れてきてからは勝ちゲームの方が多かったように思います。それにしてもパス、キャッチの精度の高さには感心しました。また、オフェンス時のパススピードは日本では見たことない速さだったので、とても驚きました!!

初の海外遠征はどうなることかと思いましたが、海外ということで緊張感があったせいか大きなケガもなく、5日間も無事に終えることができました。選手たちにとっても韓国チームと練習をするだけでもいい刺激になったと思いますし、ミニゲームをする中で、チームとしても個々としても課題が見つかったのではないかと思います。何より、われわれスタッフにとっても勉強になる部分が多かったので、選手だけでなく、スタッフも同じように成長していきたいですね。


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する