TORU SUZUKI

Team OSSUR からの卒業



この度、2009年より、義足やパーツ等のサポートをして頂いた『OSSUR』社(アイスランド)との契約を解除して頂きました。本来なら、2020年の東京大会に向けて引き続きサポートして頂ける予定でしたが、パラリンピックを初めて自国で迎えるにあたり、「日本人として何かできることはないのか?」と、考えるようになりました。そして今回、メーカーに縛られることなく、自由に活動ができるよう本社や日本人のスタッフの方々に多大なるご理解を頂き、このような運びとなりました。

『 Team OSSUR 』には、オリンピックや世界陸上に出場した「オスカー•ピストリウス選手」が過去に所属していたり、現在は、走り幅跳びで8m40という驚異的な記録を叩き出した「マルカス•レーム選手」をはじめとする海外のトップ選手が多く所属したりしています。ボクも2009年からアジア人として初めて最強チームの一員として活動をさせて頂いていました。

最近では、「今仙技術研究所」とスポーツメーカーの「ミズノ」社とのコラボ義足や元400mハードラーの為末さんが携わられている「Xiborg」(サイボーク)社のブレード義足も急激に成長を遂げており、2016年のリオパラリンピックでは、海外デビューを果たしています。今回は『脱退』ではなく、『卒業』という形で快く送り出して頂きましたので、今後も変わらずオズール社の義足を高跳びに用いながら、「メイド•イン•ジャパン」の義足の知名度アップや普及に少しでも貢献できるよう頑張って行きたいと思います!!

すでに、『リクシル』社と『サイボーグ』社がコラボされたスポーツ義足体験会である「ユニバーサル•ラン」にて、子供たちに義足のことや実際に体験用義足をつけて歩いてもらう活動を一緒にさせて頂いていますので、東京大会までにこういった機会を増やし、一人でも多くの子供たちに義足を体験してもらえるようにして行きます。

今後は高跳びの記録だけでなく、義足の変化にもご注目ください!!


▪︎今仙技術研究所 公式サイト

▪︎Xiborg 公式サイト

▪︎LIXIL 「ユニバーサル•ラン」公式サイト

▪︎Team OSSURのメンバーはこちら

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。