T O R U S U Z U K I

最高の1日

6月30日(木)

午後から練習をしようと思ったら、大粒の雨がザバーっと。
夕立でしたが、かなりの強風と大雨で一時待機。

雨が止んで晴れ間が見えてきましたので、近くのグランドまでMyチャリで。
ところどころ水たまりはありましたが、練習には支障がない程度でしたので、練習スタート。この前の課題を克服すべく、走る際には膝で吸収しないように心がけました。

何度か走っているうちに、不調の原因が「分かった!!」
痛みが出ないように力を膝で逃がしていたことは間違いないのですが、同時に地面の反力をしっかりもらおうという動作が入っており、接地はフラットに。また、力を吸収することばかり考えていたせいで、全く関節間で反射が起きていませんでした。

ボクは小さい頃から、フラット接地ではなく、むしろ母指球を中心に走るいわゆる「つま先走り」をしてきましたので、それが「膝をケガしたこと(力の分散)」⇒「地面反力をたくさんもらう(力の吸収)」といった負のスパイラルに陥っていたようです。
原因が分かってからは、あえて「つま先走り」を意識しながら走ったら、グッと走りが良くなりました。

練習も終盤に差し掛かった頃、地元の小学生が2人がグランドに。
聞くと、「バッタとカマキリを探しにきた」とのことでした。
ボクの足を見て気になったせいか「足どうしたの?」と聞かれたので、「事故で無くしたんだ。でもね、50mは6秒台で走れるんだ」と言うと・・・間髪を入れずに「競争しよう!!」と。

結局、その一言が引き金となり、勝負をすることに(苦笑)。
さすがに小学3年には負けませんでしたが、走るだけなく、レースの後!?は一緒に虫をとったりもしたので最後は友達みたいな感じになっていました(汗)。

数十分でなくなった少年(健常者)とボク(障害者)との壁。
まさしく「心のバリアフリー」でしたね。
最高の気分でした!!






























関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する