T O R U S U Z U K I

岩手から熊本へ


(二宮夫妻)

7月31日(日)

インハイが行われている岩手を後にし熊本へ。
陸上仲間の結婚式でした。

新郎の二宮くんは、T46クラス(片腕切断)の中距離選手。
本職は1500mですが、5000mも走ってます。そんな二宮との出会いは2002年に行われた世界選手権(フランス)でした。その大会で相部屋になったことや同級生ということもあったので仲良くなっていきましたね。

その後、04年のアテネ、08年の北京パラリンピックと互いに世界の頂点を目指していましたが、結局、お互いメダルに届かず。また、互いにケガに悩まされ続け、20代後半は思うような競技生活ができずにいました。

そんな同じ道を辿ってきた二宮とは、本拠地が熊本と山梨ということもあったので、なかなか深い話をする機会がありませんでしたが、やっと今回、3次会の後!?にじっくり話すことができました。

今の目標は、ボクはロンドン、二宮は熊本県の駅伝大会出場。
もちろん、二人で一緒に3大会連続出場したいのは山々ですが、二宮も新しい家族もできたし、世界よりも地元への思いが強いので、説得は一切しませんでした。

でも、まだロンドンへの道は始まったばかりなので、気持ちが変わることを願うばかりです。そうしないと、立位ブロックでボクが最年長!?になるかもしれないですからね~。まだ31歳なのでそれだけは勘弁です(苦笑)。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する